食べないことで何が起こる?ファスティングで得られる効果

更新日:2021年3月17日




今日はファスティング・断食のお話です。





断食というと、



僧侶とかインドの修行僧がする精神修行・・


といったイメージがありますが、




最近では



週末ファスティングとか


プチ断食など、



広く健康法の1つとして


取り入れる人も多くなっているようです。







1日2食で充分⁈



昔は、栄養失調で病気になる人が


多かったですが、




現在の病気のほとんどは、


「過食」と「偏食」が原因だと言われています。




農業が始まる以前は、日本も、


そしてアメリカでも1日2食が基本。



が、現代は1日3食どころか、


好きな時に好きなものを好きなだけ食べられる「飽食の時代」です。




そのため、食事と密接に関わる



  • 肥満

  • 高血圧

  • 糖尿病

  • 脂質異常症



などの生活習習慣病が急増。



また、手軽で便利なファストフードや

レトルト食品は、

必要なミネラルが不足するため

体はいくら食べても満足しません。

その結果、過食を招くという悪循環が出来上がります。




ファスティングで得られる効果



①内臓が休まる

人の体が一番エネルギーを使うのは

「消化」だと言われています。

1日3食、食べることで使うエネルギーは

なんとフルマラソンで使うエネルギーと同じ!

食べ物を取り込んで、それを消化し

体に必要な栄養素を吸収して

不要な毒素を排出する訳ですが、

食べ過ぎなどで内臓の負担が大きいと、

消化活動がうまく行かずに

様々な「体調不良」として体に現れます。

食べ物を取らなければ

血糖値が上がらないので膵臓が休まり、

毒素排出に関わっている肝臓も休憩できます。

「内臓を休めて元気にすること」が

ファスティングの1番の効果です。

②免疫力が高まる

腸は「最大の免疫器官」と言われています。

腸には、食べ物以外に細菌やウイルスが

侵入するため、

免疫に関わる細胞の6割以上が存在しているからなのですが、

この腸の健康を保つことが、

免疫力アップの鍵となります。

食べ過ぎで腸内環境が悪化して

腸壁が荒れると、

未消化のものまで通してしまい

アレルギー反応や自己免疫疾患を引き起こします。(リーキーガット症候群)

ファスティングで排泄力を高めて

リーキーガット症候群が改善すれば、

免疫システムが回復し、

病気への抵抗力が改善すると言われています。

③精神が安定する