不安、ストレス、 成功、集中力、喜び、充電・・ 全てに効果を発揮するもの

更新日:2021年4月27日




今日は、私が何度か自分の習慣に取り入れたくてチャレンジしているのに、なかなか習慣化できないものについてです。

まずは、これをしっかりライフスタイルに組み込んでいる人たちの感想を読んでみてくださいね!

ジゼル・ブンチェン(モデル) 「特に不安だったりストレスがある時、最高のツールとして役立ちます」

ベス・ベアーズ(女優) 「それ以来、ストレスに対処できるようになり、より安らぎを感じ、もっと運動するようになりました。私の人生を変えました」

レナ・ダナム(女優) 「私をゼロの状態へと立ち返らせ、自分の一番自然な状態へ気づかせてくれます」

オプラ・ウィンフリー(女優、司会者) 「私の場合、集中力と明晰さが増しました。自分の会社にも導入しています」

ティム・フェリス(作家・起業家) 「5〜10分で不安はなくなります。心機一転でき残り1日のリセットボタンになります」

モービー(ミュージシャン) 「非常に効果的で、興奮したり忙しい時にすると落ち着きます。脳がより静かで幸福でリラックスするのです」

ジェニファー・アニストン(女優) 「自分の中心が定まり、ストレスが減ります。より良くより楽に落ち着いて世界と関わることができます」

ジム・キャリー(俳優) 「リラックスする方法を学ぶようなものです。人生全体に、生活の質に影響を与えます。

ヘザー・グラハム(女優) 「神経質で、不安になりやすいのですが、本当に落ち着いて内側に平和な場所が見つかります」


世界のスターたちの、すごい感想でしたが、彼らが何を習慣化しているかというと、実は「瞑想」なんです。

最近、「マインドフルネス」という言葉を良く耳にするようになりましたが、マインドフルネスの「今、ここに集中する」ことができるように心を訓練するのが瞑想だという考え方もあります。

瞑想は、世界中たくさんの国々で何千年も実践され続けてきたもので、

心を落ち着かせて、過去を悔やんだり未来を不安に感じたりなど、「今、ここ」に集中できずにさまよっている思いを沈めるために使われてきました。

また、科学者、哲学者、宗教指導者、そして精神界のグルたちによって、肉体的にも、感情にも、そして精神的にも有効だと裏付けられています。

ほとんどの瞑想のスタイルとしては、主に呼吸、静止、そしてマインドフルネスを重視していて、より高いリラクゼーションと集中力を得られるとされています。

瞑想は、ストレスを軽減して体全体の健康を向上させるために、マッサージやヒーリングなどの他の形態の癒しの代わりとして、または、一緒に使われることがよくあります。



ここで私が学んだ統合栄養学の話になりますが、

プライマリーフード という考え方があり、これは私たちが口から入れる食べ物以外から、人生の大切な栄養素を供給しているというものになります。

人との関係、キャリア、エクササイズ、セルフケア、そしてスピリチュアリティなどもプライマリーフード になり、

瞑想はスピリチュアリティに含まれますが、スピリチュアリティは、他のプライマリーフード にも大きな影響を与え、また、幸せで健康な生活を創り出すことにも大きく関わってきます。



瞑想というと、ヨガを極めている人とか、宗教に関わっている人がやるものだと思っていませんか?

アメリカでのブームが定着しているのをみるとわかるように、瞑想は、その持続的な効果という正当な理由で、成功しているCEO、大会社の幹部、有名人によって広まり、人気が高まっているのです。

ほとんどマイナス面がない瞑想のたくさんの効果については、次のとおりです!



  • 心の健康状態を改善

  • ストレス、心配、不安を軽減

  • 忍耐力、リラクゼーション、精神的な集中力の向上

  • エネルギーレベルと生産性の向上



あなたも、すでに瞑想の効果について気づかれているかもしれませんが、瞑想を習慣にしていくことには、難しい点があります。

常に忙しく、前へ前へと前進することばかりに意識が向きがちな世界で日常を送りながら、スローダウンして、あなたの心だけに集中し、平和を感じられる状態を作るのは、難しいと感じるかもしれません。

ですが、瞑想には、とても多くの利点があり、また、様々なツールやリソースもあるので、試してみない理由はありません!

どんなやり方なら、瞑想を簡単に始められて、習慣化しやすいか、ぜひ、あなたに合った方法を見つけてくださいね。

◆快適な場所を見つけましょう。

瞑想の間は、体が動かないことも大切です。

このため、不安定な場所だったり、イライラを感じてしまう何かに集中してしまうようならば、瞑想することは難しくなってしまいます。

瞑想を始めるときは、落ち着ける椅子やソファ、その他あなたが心地よいと思える場所を見つけましょう。


◆スタートはゆっくりと。

すぐに30分の瞑想を始める必要はありません。

4〜5分、目を閉じてみることからゆっくりとスタートして、徐々に練習を積み重ねましょう。

瞑想の効果を最大限に感じるためには、瞑想を毎日することに意識を注ぐ必要がありますが、急がず、自分のペースで進めていきましょう。


◆アプリを探す

デジタル時代を生きる世代にとっては、瞑想にもアプリを導入してみるのも一つの方法です。

瞑想や、マインドフルネスでアプリを探すと、色々出てきますが、瞑想を練習して習慣化したいなら、エキスパートガイドと一緒に瞑想に導いてくれるものがオススメです。

アプリなどを使いながら始めて、瞑想が習慣化されれば、もう、ガイドを必要としないかもしれません。

どんなアプリが、一番フィットするのか、探してみるのも楽しいですよ!



◆パートナーと一緒に

瞑想は、個人的な習慣ですが、友達と一緒にやってみると楽しく、始めるのも簡単に感じるかもしれません。

瞑想を始めようかどうか躊躇しているなら、同じように考えている友人やパートナー、兄妹なども巻き込んで、一緒にスピリチュアルな冒険に、一歩、まずは踏み込んでみましょう。

◆ワークショップやクラスに参加する