塩分、控えすぎていませんか?



「塩」ときいて頭に浮かぶのは

「減塩」という言葉


こんな人も多いんじゃないかと思います。



塩分を摂りすぎると

「高血圧」になるんじゃないか・・


血圧が高くなったら

動脈硬化になるんじゃないか・・


と、塩は控えるものというイメージがあります。




1日の塩分摂取量の目安は、

男性7.5g未満、女性6.5g未満。


日本高血圧学会では1日6g未満、

WHO(世界保険機関)では1日5g未満となっています。





1975年の塩の摂取量は1日14g


そして、2012年では10.4 gと

どんどん減塩が進んでいます。




でも、実は減塩とともに病気は増えていて

減塩することによって、

こんな弊害があるとも言われています。


  • 高血圧を引き起こす

  • 糖尿病悪化

  • 免疫能力の低下

  • 代謝が落ちる

  • 交感神経が緊張する

  • がんの危険性アップ



控えたほうがいいのか、

控えすぎは良くないのか・・


どうしてこんな矛盾する考え方が

あるのかというと、


塩には2種類あるからなんです。



一つは「精製塩(塩化ナトリウム)」

そしてもう一つは「天然塩」です。




精製塩は、

食卓塩とも呼ばれているもので


「塩化ナトリウムが99%以上」となっています。



精製されて塩化ナトリウムしかないので、

体内のミネラルバランスが大きく崩れてしまうこと


また、活性酸素が発生するとも言われています。




一方の「天然塩」は


塩化ナトリウムのほか、

カリウムなどのミネラルからできています。


精製塩とは違って、

ミネラルバランスが整っているので

身体に入っても負担はほとんどありません。





塩は、人が健康に生きる上で

欠かせない大切な「ミネラル」の補給源です。


昔は「塩抜きの刑」といって

食事から塩を抜かれるという刑罰があったんだとか!


そうすると、

囚人の人たちは元気がなくなって

バタバタと倒れていったそうですよ。




また、1988年に

世界の32か国約1万人を対象にした

本格的な塩と血圧の大規模調査が行われています。


「インターソルトスタディー」

と呼ばれている調査で


世界的な基準になっているようなんですが、

日本では公表もされていないとか・・


「塩だけを減らしてもほとんどの人の血圧は下がらない」という結果が出ていてます。



元気でないな・・なんて時は

少し塩を舐めてみるといいかもしれません。


その時は必ず「天然塩」を選んでくださいね♪





ホリスティックヘルスコーチングでは

6ヶ月に渡って

お一人お一人に合った

心の栄養素と体の栄養素の取り方、

ライフスタイル(生活習慣)構築を

体験いただきます。

ヘルスコーチ は、

あなたご自身の理想の状態や目標、

夢を叶えられるように、

あなたが持つ本来の力を引き出しながら、

無理なく継続できる方法をご提案し、

一緒にゴールまでの道のりをサポートします。

1人で頑張る必要はありません!

ご興味ある方は、まずは ↓LINE でお友達になってくださいね!

LINE


LINEにご登録いただいた方には、

人生を変える心の栄養素12個が学べる「ヘルスコーチングマニュアル」を

プレゼントしています。


1対1で直接、心や身体の健康のお悩み・人間関係や自分との向き合い方など相談できるホリスティックヘルスコーチング体験会もLINEから募集しています♪


いますぐ登録してくださいね!

(Wクリックしてください)

▽▽▽



About HealthCoach


今後、ブレイクすると言われる「ヘルスコーチ 」という職業。

「私もヘルスコーチ になりたい!」という方はこちらから↓

本場アメリカのウェルネス事情から、

資格取得までに学べる内容について詳しくご紹介しています。

私にとっては生き方までもが変わったプログラムです。