アンチエイジングミネラル、ちゃんと摂ってますか?





去年の暮れから、

わたしの中で静かなマイブームになっているのが


「マグネシウム」



忘れられた必須ミネラル


なんて言われ方もしていますが、



マグネシウムは、

生命活動をするために欠かせない必須・主要ミネラルのひとつなんですが、

カルシウムとかナトリウムに比べると、


ちょっと影が薄い存在・・




でも、マグネシウムの摂取量は年々減っていて、

それに伴って、いろんな病気が増加していると言われています。




マグネシウムは、体内では合成できないので

ヒトが必ず摂取しなきゃいけない必須ミネラルのひとつ。


  • 骨や歯の形成・柔軟性・弾力性を高めてくれる

  • 骨折しにくくさせる

  • 神経の興奮を抑える

  • カルシウムの作用をコントロールして筋肉の収縮・弛緩を調整する

  • 血圧を適度に調整する


こんな働きをしてくれる他、

血管の老化を防いでくれる働きがあることから


「アンチエイジングミネラル」ともいわれてます。






そんなマグネシウムは、


昔ながらの日本食、

玄米などの全粒穀物や海藻類、豆類などに多く含まれてます。




ポイントは、


  • 精製されていない

  • 加工されてない

  • 添加されてない


採れたものそのままの食材を食べること。



例えば、玄米だと100gあたり49㎎のマグネシウムを含んでますが、

白米になったとたんに7㎎に減ってしまいます。。



例外はあるものの、


調理や加工をするたびに

マグネシウムは減ると覚えておくと良いみたい。



マグネシウムを含む食品(100gあたり)トップ10はこちら

(文部科学省が公表している「日本食品標準成分表2015年版」から)



第1位: あおさ 素干し   マグネシウム 3200mg

第2位: あおのり 素干し   マグネシウム 1400mg

第3位: 乾燥わかめ 素干し  マグネシウム 1100mg

第4位: てんぐさ 素干し   マグネシウム 1100mg

第5位: ひとえぐさ 素干し   マグネシウム 880mg

第6位: 米ぬか  マグネシウム 850mg

第7位: バジル 粉   マグネシウム 760mg

第8位: ふのり 素干し   マグネシウム 730mg

第9位: 刻み昆布   マグネシウム 720mg

第10位: まつも 素干し   マグネシウム 700mg




米ぬか・バジル以外は全て海藻類!!

恐るべしです。



*1日のマグネシウムの推奨摂取量

 成人男性→320~370mg以上、成人女性→270~310mg




マグネシウムは経皮吸収の効率が良いので、

お風呂に「エプソムソルト(硫酸マグネシウム)」や

「マグネシウム粒」などを入れて


皮膚から吸収させるのがおすすめです!



海塩を使ったり、にがりを使うのもいいですよ♪