ホリスティック栄養学入門〜心の栄養素④「精神性(スピリチュアリティ)」〜





ホリスティック栄養学では、



食べるものから得られる栄養が大事なのはもちろんですが、


それ以上に、心を元気にしてくれる「心の栄養素」を重要視しています。




今日はその中の1つ「精神性(スピリチュアリティ)」について

私なりの視点をお伝えしたいと思います。





精神的に未成熟でいることのデメリット



精神性とかスピリチュアリティというと、

なんだか漠然としていて「???」という人も多いと思います。



そこでですが、例えば



「精神的に大人」もしくは「精神的に子供」



こんな風に使ってみると、

この精神性という言葉もイメージが湧きやすいんじゃないでしょうか。





「精神的に子供」というと、

「精神年齢が低い」「幼稚」とも言えると思いますが、




  • 言動が子供っぽい

  • 直情的で感情的になりやすい

  • 自己中心的で相手のことを考えない

  • 気持ちをなかなか切り替えられない

  • 嫌なことがあるとすぐ顔や態度に出てしまう



こんな特徴があるんじゃないでしょうか。




もちろん、幾つになっても時には子供のように「自分」を押し出すことが必要な時があったり、


気心の知れた仲間内では、素の自分でいた方が盛り上がることもあるでしょう。




そうかといって、


精神的な成長を放棄してしまうと、その「ツケ」は結構大きいものが・・



  • 大人同士の付き合いができない

  • 一緒にいると疲れる

  • 尊敬できない

  • 表面的な関係性しか築けない



と、気づいたら、周囲の人たちが離れてしまった…


なんてことにもなりかねません。






いくつかある「心の栄養素」の中で、

誰にとっても一番大切なものは「人間関係」ですが




「精神的に子供」でいる最大のデメリットは、


より良い人間関係を築くことにマイナス影響を与えて、その結果として



「人間関係」から得られる愛や思いやり、安心感・しあわせ・満足感・尊敬・達成・喜び・充実感といった


「心の栄養素」


を十分補給できなくなることです。





「精神的な成長」のためにできる事




「精神的に大人」な人って、それじゃあどんな人??という事ですが、




これはあくまでわたしの考えになりますが、



「心が安定した人」「情緒が安定してる人」



これが結構、大きいのかなと感じています。