美味しいものに含まれる有害化学物質



カリカリっとした食感や

サクサクっとした食べ物って


美味しいものが多いきがしませんか?



トーストにクッキー、ビスケット

フライドポテトにポテトチップス・・



表面がサクッとした焼き菓子なんかも美味しいですよね♡





が、こんな美味しいものには

ある有害な化学物質が含まれてるって


知ってましたか?



それは




「アクリルアミド」という物質です。





アクリルアミドは、

主に接着剤や塗料などに用いられる物質です。



が、2002年に、スウェーデン食品庁とストックホルム大学が、


揚げたり焼いたりしたじゃがいもの加工品などに

アクリルアミドが含まれることを世界で初めて発表しました。



(ひゃー、わたし一時期ポテトチップス依存症でした)





アクリルアミドは、


「揚げる」「焼く」など120℃以上で加熱調理することで

できてしまう考えられています。


つまり、調理方法が大きく関わっているということですね!


「揚げる」「焼く」「炒める」「あぶる」

こんな調理方法だと、


アクリルアミドができやすくなっちゃいます。



「煮る」「蒸す」「ゆでる」

こんな調理方法を選ぶと


アクリルアミドはできにくくなります。




そして、特にアクリルアミドが多く含まれていた食品は、こちら。




ポテトチップス、フライドポテトなどの

じゃがいもを揚げたスナック


そして


ビスケットなどの小麦を原料とする焼き菓子です。


また、コーヒー豆、ほうじ茶葉、煎り麦など

高温で焙煎した食品にも


アクリルアミドはたくさん含まれていることがわかっています。




アクリルアミドは、「調理方法」に関係しているので

加工食品だけじゃなく



家で作ったもの、

そしてレストランで調理された食事にも

含まれています。




もやし、アスパラガス、かぼちゃなど


野菜やリンゴなどの果実類を

オーブン加熱した食べ物にも


アクリルアミドは検出されてます。






アクリルアミドは、大量に吸収してしまうと

中枢神経や末梢神経に影響して、


筋力低下、感覚異常、知覚麻痺、歩行異常などの障害を

引き起こすことが確認されています。


また、摂取量が多いと

発がんリスクが増加することも示されています。




アクリルアミドを減らすためにできることは

こちら


●じゃがいもは常温で保存する

じゃがいもを長期間冷蔵すると、還元糖(アクリルアミドに変化する物質)が増加する


●いも類や野菜類を切った後、水でさらす

水でさらすことで、アスパラギンや還元糖を食材表面から洗い流せる


●加熱調理時に食材を焦がしすぎない

加熱温度が高く、加熱時間が長いほど、アクリルアミド濃度が高くなる


●炒めるときは食材をよくかき混ぜる

食材の一部分のみが高温になることを防ぐ


●炒め調理の一部を蒸し煮に置き換え、炒め時間を短くする

「蒸す」「煮る」など水を利用した加熱では食材の温度が120℃以上になることがないため、アクリルアミドの生成を抑えることができる




アクリルアミドを一切、

口にしないことは無理っぽいですが


減らすことはできそうですよね♪



大事な身体に入れるもの、賢く選びたいものです。




ホリスティックヘルスコーチングでは

6ヶ月に渡って

お一人お一人に合った

心の栄養素と体の栄養素の取り方、

ライフスタイル(生活習慣)構築を

体験いただきます。

ヘルスコーチ は、

あなたご自身の理想の状態や目標、

夢を叶えられるように、

あなたが持つ本来の力を引き出しながら、

無理なく継続できる方法をご提案し、

一緒にゴールまでの道のりをサポートします。

1人で頑張る必要はありません!

ご興味ある方は、まずは ↓LINE でお友達になってくださいね!

LINE


LINEにご登録いただいた方には、

人生を変える心の栄養素12個が学べる「ヘルスコーチングマニュアル」を

プレゼントしています。


1対1で直接、心や身体の健康のお悩み・人間関係や自分との向き合い方など相談できるホリスティックヘルスコーチング体験会もLINEから募集しています♪


いますぐ登録してくださいね!

(Wクリックしてください)

▽▽▽



About HealthCoach


今後、ブレイクすると言われる「ヘルスコーチ 」という職業。

「私もヘルスコーチ になりたい!」という方はこちらから↓

本場アメリカのウェルネス事情から、

資格取得までに学べる内容について詳しくご紹介しています。

私にとっては生き方までもが変わったプログラムです。