美味しいものに含まれる有害化学物質



カリカリっとした食感や

サクサクっとした食べ物って


美味しいものが多いきがしませんか?



トーストにクッキー、ビスケット

フライドポテトにポテトチップス・・



表面がサクッとした焼き菓子なんかも美味しいですよね♡





が、こんな美味しいものには

ある有害な化学物質が含まれてるって


知ってましたか?



それは




「アクリルアミド」という物質です。





アクリルアミドは、

主に接着剤や塗料などに用いられる物質です。



が、2002年に、スウェーデン食品庁とストックホルム大学が、


揚げたり焼いたりしたじゃがいもの加工品などに

アクリルアミドが含まれることを世界で初めて発表しました。



(ひゃー、わたし一時期ポテトチップス依存症でした)





アクリルアミドは、


「揚げる」「焼く」など120℃以上で加熱調理することで

できてしまう考えられています。


つまり、調理方法が大きく関わっているということですね!


「揚げる」「焼く」「炒める」「あぶる」

こんな調理方法だと、


アクリルアミドができやすくなっちゃいます。



「煮る」「蒸す」「ゆでる」

こんな調理方法を選ぶと


アクリルアミドはできにくくなります。




そして、特にアクリルアミドが多く含まれていた食品は、こちら。




ポテトチップス、フライドポテトなどの

じゃがいもを揚げたスナック


そして


ビスケットなどの小麦を原料とする焼き菓子です。


また、コーヒー豆、ほうじ茶葉、煎り麦など

高温で焙煎した食品にも


アクリルアミドはたくさん含まれていることがわかっています。




アクリルアミドは、「調理方法」に関係しているので

加工食品だけじゃなく



家で作ったもの、

そしてレストランで調理された食事にも

含まれています。




もやし、アスパラガス、かぼちゃなど


野菜やリンゴなどの果実類を

オーブン加熱した食べ物にも


アクリルアミドは検出されてます。






アクリルアミドは、大量に吸収してしまうと

中枢神経や末梢神経に影響して、


筋力低下、感覚異常、知覚麻痺、歩行異常などの障害を

引き起こすことが確認されています。


また、摂取量が多いと

<