世界のトップ、2人の名医から学ぶ体の整え方・健康とは?

最終更新: 3月17日





とあるドイツの医科大学教授が、




「世界には二人の名医がいる。


それは“発熱”と“食欲不振”だ」




と断言しています。







現代社会はとにかく



体の不調を薬を使って抑える風潮に


あります。




熱が出れば、「解熱剤」で抑えて




食欲不振な時は、「消化薬」を飲む





自分の体の不調は、


自分では治せないので専門の先生に診てもらう




これが当たり前の世の中です。




でも、本当にそうでしょうか?




私たちの体って、


誰かに助けてもらわないと治らない?







寝ている間も心臓は動いてくれるし



意識しなくても胃腸は食べたものを消化して


必要な栄養を吸収してくれます。




料理中に指に怪我をしても


いつの間にか治っているし




治療をしなくてもガンが消えたなんて話も


最近では珍しくなくなりました。







「発熱」は、身体にとって必要な仕組みです。



免疫力は体温が1度下がると37%低下し、


体温が1度上がると60%上がると考えられています。



ウイルスと闘うために、


身体はわざと体温を上げて発熱をしています。




「食欲不振」も身体からのサイン。



食欲は、内臓のコンディションや


精神的な原因など様々な影響を受けています。



特に、食べ過ぎなどで胃腸に負担がかかると


食欲は確実に減退します。



胃腸が休みたがっているというサインです。







体に備わった「自然治癒力」を発揮する


チャンスもなく



治療に専念してしまうことで、


病気が増えるのではないでしょうか。






体温の法則


40.0度 ほとんどのがん細胞が死滅


39.6度 乳がん細胞死滅


38.0度 免疫力が強くなり、白血球が病気と戦う


37.5度 菌やウイルスに強い状態


37.0度 体内酵素が活性化


36.5度 健康体・免疫力旺盛


36.0度 震える事によって、熱生産を増加させようとする


35.5度 自律神経失調症、アレルギー症状が出現


35.0度 がん細胞が最も増加する温度


34.0度 水に溺れた人を救出後、生命の回復がギリギリの体温



ホリスティックライフヘルスコーチングでは

6ヶ月に渡って

お一人お一人に合った

心の栄養素と体の栄養素の取り方、

ライフスタイル(生活習慣)構築を

体験いただきます。

ヘルスコーチ は、

あなたご自身の理想の状態や目標、

夢を叶えられるように、

あなたが持つ本来の力を引き出しながら、

無理なく継続できる方法をご提案し、

一緒にゴールまでの道のりをサポートします。

1人で頑張る必要はありません!

ご興味ある方は、まずは ↓LINE でお友達になってくださいね!



L I N E


LINEにご登録いただいた方には、

人生を変える心の栄養素12個が学べる「ヘルスコーチングマニュアル」を

プレゼントしています。


1対1で直接、心や身体の健康のお悩み・人間関係や自分との向き合い方など相談できるホリスティックヘルスコーチング体験会もLINEから募集しています♪


いますぐ登録してくださいね!

(Wクリックしてください)

▽▽▽



About HealthCoach


今後、ブレイクすると言われる「ヘルスコーチ 」という職業。

「私もヘルスコーチ になりたい!」という方はこちらから↓

本場アメリカのウェルネス事情から、

資格取得までに学べる内容について詳しくご紹介しています。

私にとっては生き方までもが変わったプログラムです。




This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now