肥満大国からの脱却  アメリカが生まれ変わる健康戦略とは?

最終更新: 2019年8月31日

先日、街中を歩いていたところ、中国人観光客に英語で道を尋ねられました。

英語を読んだり聞いたりすることは、よくあるのですが、話すことをしばらくしていなくって、ドギマギ・・・

なんとか単語とジェスチャーで伝えてあげてThank you! Wellcome!と笑顔でさよならして、しばらく歩き出した時に、気づいてしまったのです。

なにを?

はい、道を間違って教えたことに、気づいてしまったのです〜・・ ・

北海道の地方都市へいくバスステーションを聞かれたので、これからどこかへ観光しにいくんだったと思うのですが

もう、ごめんなさい!!しかないですよねー。。。


年々、観光客が増加中の北海道。

英語での道案内フレーズと、あとは札幌市内の主要スポットの場所くらいは、頭に入れておこうと思います。

では、気を取り直して!

今日は、アメリカの健康事情についてご紹介していきたいと思います。


(以下、NYの統合栄養学校IINのCEO Lynda Cloudのブログから)

アメリカの健康事情

従来の医学や専門家のアドバイスは、特に最も蔓延している慢性的な病気、そして病気で苦しんでいる人々の解決には至っていません。


肥満、糖尿病、ストレス、心臓病、癌、消化器系の病気、背中の痛み、うつ病、不安・・

これらの疾患で何百万人もの人が亡くなっていて、いまだに多くの人が抱える健康問題です。

このような病気になることで、本人や家族、地域社会といったことだけではなく、働く職場の雇用主や保険会社、医療システム、そして国の経済にも持続不可能な圧力をかけています。

疾病管理予防センターは、

「悪い生活習慣を続けることからくる慢性疾患は、アメリカの医療システムを危機的な状態にしてしまう第一の問題であり、米国の医療費の約75%を占めている」

と指摘しています。

高い医療費は、個人、政府、そして企業に大きな負担をかけています。

健康的なライフスタイルを、継続して実践することが私たちには切に必要です。



健康を阻む原因

それでは、なぜ、インターネットを活用すれば、いつでも大量の(ほぼ無限の)健康情報へアクセスできるにもかかわらず、

健康的な生活習慣へ変えていくことや、健康分野の専門家や政府機関が国民の健康アップを目指して行なっている様々な取り組みは、失敗に終わってしまうのでしょうか?

医師や看護師といった医療従事者は、現状の仕事で手一杯なため、患者さんが生活習慣を変えて定着させていくまでの、前向きな行動変化を支援する時間や、そのためのリソースを持ち合わせていないことがよくあります。

それに加えて、私たちは、日々のストレスや忙しくて時間がないこと、安価な加工食品やジャンクフードがどこでも手に入ることなど、あまり健康的ではない選択をしてしまいがちな環境で生活しているという現状があります。



何十年もの間、ヘルスコーチはアメリカで、人々の健康と健康状態を改善するのをサポートしてきました。

彼らの努力を認め、彼らの成長に力を与える時がきています。

私たちの国の健康は彼らにかかっているのです。



ヘルスコーチ の役割


ヘルスコーチは、クライアントと1対1で、食生活やライフスタイルで、前向きな変化を継続的にもたらせるようサポートします。

自分の健康管理を誰かに委ねた状態や、時には、健康のために高額な負担を強いられているといった受け身のポジションから、

よりよく生きるために、自分の健康に責任を持って、自主的に行動できるようなシフトチェンジをクライアントに起こしていきます。

生活に良い変化を継続して生み出していくための必要なサポートと共に、例えば「よく(良いものを)食べる」「もっと運動する」といった基本的なことから、人生に関わる様々なフィールドに至るまでの行動計画について、必要なアドバイスを行なっていきます。

子供達が、体操が上手になりたい、もしくは討論で上手に自分の意見を言えるようになりたいという時に、コーチにつくのと同じように、もっと健康になりたい人にとっては、ヘルスコーチ をつける意味があります。

2019年6月3日から6月9日まで、ヘルス&ウェルネスコーチウィークを全国的に開催していましたが、これは、すべてのアメリカ人に対して、ヘルスコーチへアクセスする機会を提供するためです。

開催期間中、私たちは、間違った生活習慣の積み重ねが主な原因となっている、費用のかかる慢性的に不健康な状態というのは、前向きな行動で健康なライフスタイルに変えていくことで改善できるということにフォーカスしました。

 (iinalumni のinstagramから)


国の政策とヘルスコーチ 

米国衆議院での最近行われたHealth and Wellness Coach決議(H. Res。117)の発表は、国の政策立案者がヘルスコーチ という仕事の重要性を支持しているということです。

ドナルド・ペイン議員、マーク・ウェインマリン議員、ティム・ライアン議員、ヴァーヌ・ブキャナン議員、グレース・ナポリターノ議員、およびブレット・ガスリー議員による決議は、両党の議会議員が、食品やライフスタイルを総合的に考慮した健康への総合的なアプローチを取り入れた運動が拡大していること、そしてそれが病気で苦しむ患者にとっての新たな処方箋になること、ヘルスコーチ がガイドとなることを明確に理解し同意することを示しています。

ヘルスコーチは予防医療の未来を担っています。

ヘルスコーチ というムーブメントの高まりは、現在、アメリカ国内で約35,000人が活動していること、又、米国労働省が、予防医療に焦点を当てたヘルス&ウェルネスの専門家について21%の増加(他のすべての職業よりも速い)を予測していることからも明らかです。


健康と幸せを改善する上で重要な役割を果たし、その過程を通して世界を変えていく波及効果を生み出すことが、ヘルスコーチの使命です。

私たちの国の議員が、ヘルスコーチが果たす役割と、そこから生み出されるものの重要性を理解して、支援する機会を模索し続けることが絶対に必要です。


「健康と幸せを改善して、その過程を通して世界を変える波及効果を生み出すことがヘルスコーチ の使命」

私が卒業した統合栄養学校のCEOであるリンダの言葉を聞いて、改めて「ヘルスコーチ 」を名乗る意味を重く受け止めていますし、

日本でも「ヘルスコーチ 」の認知度を高めて、必要な人に必要な情報を届けたい、又、そのための活動を今後も継続して行なっていく必要性を感じています。

一人一人の健康や幸せが、世界に影響している・・・

日常という狭い範囲で生活していると、なかなか実感することができないですが、私たち一人一人が世界を作っている本当にかけがえのない存在です。

自分が健康で幸せに生活しているという、ただそれだけで、私たちはすでに世界に貢献できているということなんですね。




ホリスティックライフヘルスコーチングでは

6ヶ月に渡って

お一人お一人に合った

心の栄養素と体の栄養素の取り方、

ライフスタイル(生活習慣)構築を

体験いただきます。


ヘルスコーチ は、

あなたがご自身の理想の状態や目標、

夢を叶えられるように、

あなたが持つ本来の力を引き出しながら、

無理なく継続できる方法をご提案し、

一緒にゴールまでの道のりをサポートします。

1人で頑張る必要はありません!


ご興味ある方は、まずは ↓こちら からメール講座を読んでみてくださいね!



Mail Magazine



About HealthCoach

ヘルスコーチって何ですか?どんなことしてるの?というお問い合わせが急増中!本場アメリカのウェルネス事情から、資格取得までに学べる内容について、もっと詳しく知りたい方は↓こちらをクリックしてくださいね!



Private Coaching

ご提供中のプライベートヘルスコーチングについては↓こちら から


This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now