老化の最大原因「ストレス」のダメージを減らす4つのポイント

更新日:2021年3月18日


3月も終わりに近づき、4月がすぐソコまできていますが、

あなたが住む街は、すっかり春めいているのでしょうか。

札幌は、雪解けが進んで春らしい日もあったのですが、最近は季節が逆戻り・・ 先日の朝は一面真っ白でした!

春といえば、

卒業式、入学式、転勤、引っ越しなど、

何かが終わって、何かがスタートする季節。

出会いと別れもありますよね。


環境が変化すると、多少なりともストレスを感じる事も多くなります。


もちろん、ストレスは、人にとって必要なものですが、

一定以上の負荷がかかり過ぎると、心や体にダイレクトにマイナスのダメージを与えてしまいます。


この春、大きな変化がある人は、

少し早いですが、

爽やかな5月を楽しむためにも、 今からストレスマネジメントの準備をしておきましょう♪


ストレスと老化は密接に関係していると言うと、 美容に敏感な方も、やる気アップ!するのではないでしょうか。


良いストレスは、

私たちのモチベーションをあげて、 パフォーマンスも改善すると言われていますが、

悪いストレス、

例えば、ずっと継続するタイプだと、 対処する方法が何もないように感じて 健康に大きなダメージを引き起こし、 結果的に老化を招くことになります。

このようなストレスがかかると、 とても繊細な臓器である副腎が、 ある化学物質を大量にだして 体やメンタルに影響を与え、

自分に対するコントロールを失ってしまい、体の老化が進むと言われています。

◆肌老化を招く

ストレスホルモンのコルチゾールは、肌を痩せさせるので、

肌バリアが弱まり敏感、かゆみ、赤み、乾燥を引き起こします。

と同時に油分も増加するので大人ニキビの原因にも・・

また、ストレスは血管を狭めてしまうため、体は肌に栄養を運ぶよりも、 生命に直結する重要な臓器へと先に栄養を運ぼうとするので、血色の悪い肌になります。

心配、不安な気持ちはまた、シワを発生させます。


◆腸にもダメージを与える

腸の動きを悪くするだけでなく、 ストレスは腸内細菌にダイレクトに 影響して悪玉最近を増やします。

腸の状態が悪くなると、リーキーガット(腸粘膜に穴が開いて血管に異物が漏れ出す症状)の原因にも・・

◆炎症を増やす

体の炎症が起きる原因は様々ですが、 ストレスは免疫機能のレベルを深く引き下げてしまうことを考えると、

私たちがストレス状態の時は、 たくさんの、炎症一歩手前の細胞を 作っていると想像できます。

◆ホルモンアンバランスを引き起こす

ストレスは、代表的な女性ホルモン、 エストロゲンやプロゲステロンの バランスを崩し、

肌にはネガティブな効果を与えます。

また、体内で分泌されるホルモンを 主に司る副腎に、壊滅的なダメージも与えてしまいます。

◆細胞老化に直結する

テロメアというのは、 染色体の末端部にある構造ですが、 ここが老化の速度を決めると言われています。

ストレスホルモン、コルチゾールが増えるとテロメアは短くなってしまいます。

面白いことに、

ストレスを受けても心配しない人のテロメアは、小さなことでもストレスに感じて心配する人のテロメアよりも長いという研究結果があるようです。


ストレスへの「カギ」は、

単に人生からストレスを排除することではなく、どのように「対処」するかを学ぶことです。

なぜなら、

人生から全てのストレスをなくすことはできないから・・

気の合わない同僚や、怒りっぽい上司、電車が遅れて待ち合わせに間に合わない・・

こんなストレスフルな状況でも、 あなたがとる反応を変えることで 体内で起こる老化ダメージを減らすことができるのです。

そのために、やってみて欲しい4つのポイントがこちらです。

◆体に栄養を与えてあげる

何かでストレスを感じた時、あなたは、

甘いもの、アルコール、タバコ、カフェイン、ジャンクフードを欲するかもしれませんが、

それはただ副腎にプレッシャーを与えて、さらにストレスを強めてしまうだけです。

その代わりに、

バランスの良い食事を毎日食べるようにして、ストレスダメージを最小限に押さえましょう。

・ゆっくり食べる  →早食いは、正常な消化を妨げ、

  体が吸収できる栄養を減らし

  ます

・炭水化物を摂る  →精製されてしまうと栄養は皆無

  ですが、未精製の穀物は高い

  レベルのビタミンB、体が安定

  を感じてストレスと戦う   ビタミンが含まれています

・緑黄色野菜を積極的に食べる  →ストレスと戦ってくれる重要な

  栄養素マグネシウムが多く含ま

  れています。   マグネシウムは、体をリラックス

  させて精神的な不安を減らして

  くれると言われています。

  未精製の穀物やナッツ類、魚介類

  や海藻にも、マグネシウムは多く

  含まれています。   エプソムソルトのようなバスソルト

  で、肌からマグネシウムを吸収する

  のも、深くリラックスできて良質な

  睡眠が取れる良い方法です。


◆取り越し苦労・心配しすぎない

二人の女性が交通渋滞にハマりました・・

一人は、ずっと動けないままな