ほっそりスリムを目指すなら! ダイエットする前にチェックすること


イベントの多い12月ですが、気づいたら体重が増えてた・・

なんて少しショックですよね。

増えるのは簡単だけど、減らすのは本当に大変なのがダイエット。


年末年始は、この時期ならではのイベントフード

(クリスマスケーキ、年越しそば、お雑煮、おせち料理などなど)があるだけに

季節ものを堪能した後、お正月開けたらダイエットしよ♪っていうのも、

全然ありだと思います!

でも、こんなことを知っておくと、

ダイエットの努力も半減するかもしれません。

1人前の食事量は増えてきている?! アメリカでの調査ですが、1980年代以来、食べ物そして飲み物の一人当たり

の量は劇的に増加しています。

飲食店のメニューでさえ、以前より多くのサービングサイズが表示されています。


1960年代のアメリカのTV番組で紹介されたブラウニー30個分と、

まったく同じレシピでは、現在だと16個分しか作れないようです。

「ベターバリュー」という魅力で、私たちは大きいサイズ、ラージサイズを

購入するようになりました。 


これが、私たちのウエストラインへ与える影響は破壊的です。

毎日、多くの人が色々な場所で特大サイズに出くわしています。


「残さずに食べなさい」のワナ


あなたは、出された食事は全て完食する主義ですか?


あなたが小さな頃、ご両親から「食べ物を残しちゃいけません!」と言われて

いたかもしれませんが、これは「健康」という視点から見た場合には、

あまり良いものではありません。


私たちがどれくらい食べるかは、どれくらいの量をお皿にもられているかに

よります。

お皿の上の食べ物が多いほど、食べる量は多くなり、大きなサイズの場合だと

通常よりも 30−50%多く食べてしまう可能性に繋がります。



量を調整する8つのコツ


  • 一回り小さな容器を使います。取り置き分は、別の容器に分けてしまい、 大きな容器を使って食べないようにしましょう。          

  • 自宅で調理するときは、お皿の少なくとも半分は、野菜にします。 こうすることで、炭水化物やタンパク質の食べ過ぎを防ぐのに役立ちます。

  • 食事の前にサラダや水を飲みます。あなたの食欲を抑え、満腹感を与えましょう。

  • メイン料理はシェアして食べます。外食するときは、食事の相手に メイン料理はシェアしないか聞いてみたり、もしくは、半分をお持ち帰り してみてください。

  • 意識的にゆっくり食べます。食べ始めてから、お腹が満たされたと体が 感じるまでには20分はかかるということを心に留めておきましょう。

  • スナックは1回分の小さなサイズを購入するか、1回に食べる分ごと、 袋に入れて小分けします。あなたが食べ始める前にどれくらい食べるか 決めているなら、過食してしまう可能性は低くなります。

  • 食べ物が視界に入らないようにします。キッチンに食べ物を置くか、 残り物はすぐに片付けて、また食べてしまいたくなる誘惑を避けましょう。

  • 1日を通し、何度かに分けて少量の食べ物を食べます。 これは、あなたを満足させて、朝昼晩といった食事の時間にたくさん 食べたくなる衝動を減らしてくれます。





食べ過ぎが続くと、胃が大きくなってきたとか、

食べる量を減らしたら胃が小さくなって、前より食べられなくなった。

こんな風に感じること、私はあるのですがあなたはいかがですか?

胃は伸び縮みするので、実際に大きくなったり小さくなったりはしないそう

ですが、食べ過ぎると胃の排出機能に負担がかかって、お腹が膨らんだり、

慢性胃炎や消化機能の低下に繋がってしまうこともあるようです。

逆に食べ物を制限し続けても、胃酸の分泌が不足して消化に影響を与える

そうですよ。

毎食、腹八分をキープできればベストが、人によっては結構至難の技ですよね。


でも、こんな食事バランスをサポートしてくれるのが心の栄養素、

プライマリーフード です。


プライマリーフード について詳しく知りたい!という方は、

まずはこちらのメール講座を読んでみてくださいね♪





This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now