人生を振り返った時に後悔すること第1位




若い頃は、

自分が30代、40代、そして50代になることなんて


これっぽっちも考えなかったですが



着実に歳はとり続けるものですね・・



健康にも気をつけてるし、

100歳くらいまで生きるんじゃないかなんて

思ってますが



人生ってホント、

何が起こるかわからない!


もしかしたら意外と早く

この人生の卒業を迎えるかもしれませんよね。




先が見えないからこそ

不安もあるけど


でも


だからこそオモシロイのが人生♪



そう考えると



毎日、後悔しないように生きたいなって思います。



  • 素直になればよかった

  • 働き過ぎなければよかった

  • 友人を大切にすればよかった

  • 恋人に謝りたかった

  • あの景色を見てみたかった

  • 家族との時間を大切にすればよかった

  • 勇気を持てばよかった

  • 健康を大事にすればよかった

  • 子供を持てばよかった

  • タバコをやめればよかった

  • 行きたい場所に行けばよかった

  • 美味しいものを食べておかなかった



こんな風に

人が最後を迎えるときに、

後悔することってたくさんあるものですね。





その中でも、


80歳以上の70%の人が

共通して後悔していたことがあるんです。




「やっぱりそこだよね」という

その1位とは・・・・




「自分をもっとしあわせにしてあげたかった」


ということ。




この答えから、



たくさんの人が、ついつい自分のことよりも

他人を優先して


自分のシアワセを後回しにしてしまっているかが

垣間見れますよね・・



もちろん、


自分にとって大切な人を優先することはいいコトだし

なかなかできることでもありません。



でも、自分のやりたかったことや好きなこと、

趣味の時間を満足にできなかった人ほど




最後の最後で

「自分をもっとしあわせにしてあげたかった」

という後悔を感じてしまうようです。







自分をもっとしあわせにする・・


これに関連した後悔はたくさんあるようです。




「他人がどう思うか人のことを気にしなければよかった」


「幸せをもっとかみしめて生きればよかった」


「クヨクヨと悩まなければよかった」


「あんなに不安や怖れを抱えて生きなければよかった」


<