クリスマスケーキもヘルシーに!日本のケーキと世界の伝統菓子

最終更新: 3月17日






今日はクリスマスですね♪



この時期、気になるのはクリスマスケーキ。



ずいぶん前からケーキを予約注文している方も多いのではないでしょうか。



最近はアレルギーっ子が多かったり


健康意識の高いお母さんも増えてきて




グルテンフリーのクリスマスケーキも


たくさん販売されるようになりました。


ロースイーツだと

ナッツやスーパーフードを使った焼かないローケーキ

マクロビオテックは

米粉ベースのスポンジに、豆乳ホイップ

といった具合。

コンビニなどの通販でも、

グルテンフリーを選べるようになっています。


一方で、世界の伝統的なケーキやお菓子は

どうなっているのでしょうか。

◇イギリス

「クリスマスプディング」


ドライフルーツや香辛料がたっぷり入ったどっしり重いケーキ。

ラム酒またはブランデーなどのアルコールもたっぷり含まれていて日持ちする。

◇ドイツ

「シュトーレン」


酵母の入った生地に、レーズン、レモンピール、オレンジピールを練りこみ焼き上げたもの。

ケーキの上には粉砂糖がたっぷりかかっている。

◇フランス語圏

「ブッシュドノエル」


日本でもよく知られた、薪をかたどったケーキで、クリスマスの薪(丸太)という意味。英語では、クリスマスログとかユールログと言う。

◇イタリア

「パネトーネ」


ミラノ発祥の銘菓で、アントニオのパンという意味のパンディアントニオがなまって、パネトーネと呼ばれているそう。

レーズン、プラム、オレンジピールなどドライフルーツがブリオッシュ生地に入っている。

◇ヨーロッパ全体

「ジンジャーブレッド」

ケーキのようなしっとりしたものからビスケットのような水分の少ないものまでいろいろあるが、スパイスが利いた粉もののお菓子ということで共通している。

(参照:うわのそら事件簿)

ドライフルーツ好きにはたまらない

伝統菓子が多いようで、

わたしもシュトーレンやパネトーネは大好きです!

クリスマスに向けて少しづつ食べられるような、

日持ちのするお菓子が多いのも特徴ですね。

この時期をめがけて、

店頭にクリスマスケーキが溢れかえる・・

というような風習は日本だけとも聞いたことがありますが、

甘いものもヘルシーに楽しみたいものですね♪






ホリスティックヘルスコーチングでは

6ヶ月に渡って

お一人お一人に合った

心の栄養素と体の栄養素の取り方、

ライフスタイル(生活習慣)構築を

体験いただきます。

ヘルスコーチ は、

あなたご自身の理想の状態や目標、

夢を叶えられるように、

あなたが持つ本来の力を引き出しながら、

無理なく継続できる方法をご提案し、

一緒にゴールまでの道のりをサポートします。

1人で頑張る必要はありません!

ご興味ある方は、まずは ↓LINE でお友達になってくださいね!



L I N E


LINEにご登録いただいた方には、

人生を変える心の栄養素12個が学べる「ヘルスコーチングマニュアル」を

プレゼントしています。


1対1で直接、心や身体の健康のお悩み・人間関係や自分との向き合い方など相談できるホリスティックヘルスコーチング体験会もLINEから募集しています♪


いますぐ登録してくださいね!

(Wクリックしてください)

▽▽▽


About HealthCoach


今後、ブレイクすると言われる「ヘルスコーチ 」という職業。

「私もヘルスコーチ になりたい!」という方はこちらから↓

本場アメリカのウェルネス事情から、

資格取得までに学べる内容について詳しくご紹介しています。

私にとっては生き方までもが変わったプログラムです。




This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now