健康意識(ヘルスリテラシー)を高めて得られることは無限大∞





「ジャンクフードやスナック菓子のような加工品をやめて

パンや白米などの精製穀物の量もなるべく減らして


代わりに野菜や魚、食物繊維が豊富な食べ物を増やしたら


2ヶ月ほどでお腹はキュッと引き締まって

いつもお昼過ぎには睡魔に襲われてたのが、夕方過ぎまで集中力が持つようになった。」




「時間のある時は、少し早歩きのウォーキングを取り入れて

少し体力がついてきた頃から筋トレも始めたら


いくら寝ても取れなかった疲労感が消えて、仕事のパフォーマンスも向上した。」




「瞑想などマインドフルネスを取り入れ始めたら、

生まれつきだと思っていた心配性も和らいで、夜中に将来が不安になって、眠れなくなることもなくなった。」






こんな風に、健康を意識した生活をすることで、

実際に健康が得られるんですが、


嬉しいのは健康を得られたその先にあるもの。




ウエストが引き締まる、これ一つとっても


自分の身体を好きになって、自己肯定感も高まったら、

今まで自分なんて・・と諦めていたこと

(憧れの仕事にチャレンジする、片想いだった人に思いを伝えてみるなどなど)に、


どんどんチャレンジできる自分へと変わっていきます♪




健康意識を高めたら、結果、

人生がよくなったという話は山ほどあります。





ですが、残念なことに

健康を意識するのは、大半の人が健康を損なってから・・



病気になってからの健康管理は、

義務的になり、


食事制限が入ってしまうとただただツラいだけです




「予防医学」とも言いますが、健康なうちから健康を意識するからこそ、


運動の楽しさや新鮮な食べ物の美味しさ、

そして頭も身体もクリアで過ごせることでの

たくさんのメリットやしあわせを長く味わえて、


ヘルシーな生活習慣を継続することができます。




が、日本は長寿国ではあるけど、寝たきり期間の多い国。



1日中ベッド上で過ごし、

排泄、食事、着替えるのにも介助が必要、自力では寝返りもうてない・・・



そんな状態で、


女性は平均して12年過ごすと言われていますよね・・




寝たきりになったとしても、

誰かに介護してもらえるならまだいいのかもしれません。




日本はすでに高齢化社会。


日本の総人口は減少している一方で、

65歳以上の高齢者は年々増加しています。


2025年には人口の約3割、そして2060年には約4割を

65歳以上が占めるという予測もあります。




今でさえ、


老老介護(65歳以上の高齢者が65歳以上の高齢者を介護すること、つまり老人が老人を介護すること)や


認認介護(介護する人と介護される人の双方が認知症を発症しているケース)


そして、介護施設や家庭で起きている高齢者の虐待など、


介護の現場は問題が山積みです。