家の中もデトックス! 暮らしから健康にアプローチ

更新日:2021年3月18日



今日は、家をヘルシーに保つ方法をご紹介します♪


家をヘルシーにって、少し不思議

な言い方ですが・・笑

農薬などの心配もなく、栄養価

の高い食品を食べることは、

健康にメリットがあると、


誰もがはっきりと感じていると 思います。

体に、毒素や化学物質、ジャンク

フードなどの蓄積が少ないほど、

私たちはより健康で、

体のエネルギーを高く保てます。 

「あなたは、あなたが食べた

 ものでできている」

これは本当なのですが、

あなたを取り巻く環境も、

健康に大きな影響を与えます。




洗浄剤 一般的な洗浄剤には、

有毒化学物質が含まれています。

もっとナチュラルな選択肢に

切り替えて、健康的に家の掃除

を始めましょう。

すべての洗浄剤が成分を記載

しているわけではありませんが、


  • アンモニア

  • DEA(ジエタノールアミド)

  • APE(アルキルフェノールエトキシレート)

  • TEA(トリエタノールアミン)


のような成分

(まれにしか記載されていません)

が含まれた「毒」や「危険」 と書かれた製品は避けましょう。

自然な成分で作られた洗剤でさえ 少量の発音が難しい成分が含まれ

ていますが、


食べ物と同じように洗浄剤も選んでください。

成分リストが少ないもの(5つ以下) そして、植物ベースの製品が

最良の選択肢で、溶剤やリン酸

無配合の製品が続きます。

自然で環境にやさしいような、 漠然とした表現のラベルは避けましょう。

もしくは、あなたがご自分で 洗浄剤をを作ることもできます。

ベーキングソーダ、レモン、酢

およびコーンスターチは、


洗浄剤として重宝する食料品です。

お湯と、こすったり磨いたりする

少しの労力を加えれば、

化学薬品で作られたクリーナーを

再度使用する必要はありません。


家具・繊維製品


マットレス製品は、火災規制を

遵守するため、難燃剤が添加

されています。

使用される化学調合物に拘らず (いくつかのものがあります) 難燃剤は、脳の発達だけでなく 子供の学習、行動、および記憶

障害を引き起こすことが知られています。

カーペットには、独自の化学物質 (耐汚染処理、抗菌性、帯電防止剤) なども含まれていますが、これら

はすべて毒です。 


賢い消費者になって、 綿や羊毛などの天然素材で作ら

れたマットレスを選びましょう。

また、それらの製品が発泡剤、

ボンド、防虫剤などの合成剤が

含まれていないことを確認してください。

寝具、カーテン、ラグを選ぶ際

にも同じ基準を使います。

洗うときは、植物ベースの洗剤で カーペットをきれいにしょう。


塗装とデコレーション VOC(揮発性有機化合物)塗料の

使用は避けましょう。 多くの企業がVOCを含まない

ゼロVOCをアピールしていますが

これは白色塗料で色が追加されると

もはやゼロVOCではありません。

壁紙を使うのであれば、

カビや菌類を発生させ、

呼吸の問題を引き起こす可能性 のあるビニール素材は避けてください。

あなたと環境にとって健康な家

を作ることは、あなたが考えるより

はるかに少ない材料しか必要としません。

天然木、シンプルな白い壁

(VOCなしの)、毒素を含まない

カーペットや家具は、

とても大きな役目を果たします。

また、麻、竹、絹、リネンなどの 他の天然繊維を使用することもできます。

クリーンでエコな家は、

一晩では作れません。

すぐに、変得られなくても大丈夫

です!小さなことから始めて コツコツとあなたが満足できる 100%ヘルシーな家を作っていきましょう♪