頑張り屋さんに必要な「自分の枠」の広げ方


今日は、

頑張り屋さんに必要な

「自分の枠」の広げ方

ということで書いてみました。



自分の枠っていうと抽象的な

言い方ですが、

狭いよりは広い方が、なんとなく

いい感じがしませんか♪


狭い場所をグルグルするだけだと 新鮮な気持ちも味わえずに

退屈しそうですが、

広い場所だと、

新しい出会いや刺激のある出来事

に出会う可能性も、どんどん広が

りそうですよね!

いくつになっても、

この枠を広げられたら、 「思う存分楽しんで経験した!」 という人生になるのではと思い

ます。


そこで!


どうやって自分の枠を広げるか

ということですが、

「ワルいと思っていることを  敢えてしてみること!」

なんです。

良くあるべき・・それ本当?


私たちはいつも「良い」もので

なければならないと思っています。

完璧なものを食べ、

完璧に行動するなど、

「良い」ものであるという意味は 人によって違うと思いますが、

大抵の場合、

  • ルールを守り

  • 何事も自分は人より後回しにして

  • 社会の規範と行動に準拠し

  • すべてのことを正しく行う人

という概念ではないでしょうか。

「良い人」になるために、 あなたが自分に課している義務は 時として、 あなたの本当の願望を

満たす妨げとなってしまいます。

が、また同時に、

願望達成に欠けているものも

教えてもくれています。


完璧こそ、まがいもの


あなたは、良い人であることに 一番の価値を置いていますか?

であれば、


少しワルいことをやってみましょう♪

なぜかというと?

人は誰しも完全ではないから。


そして

私たちは完全であろうとする

必要がないからです。



ある意味、

完璧であろうとする生き方は、

真実の姿ではありません。 それこそが、本当の意味で

完全性が欠けている状態です。


あなたが、 「良い人」「完璧な人」であろう

ということに縛られているなら、

毎日、何か一つワルいことを

してみてください♪

ワルいこととは、

あなたがすべきではないと思って

いることです。 注!!)銀行に押し入ったりとか、

法律に触れるようことではありません笑


自分を喜ばせる


この「ワルいことをする」

エクササイズの背後にある目的は

あなたが今まで培った善悪の基準

で物事を判断するのではなく、 あなた自身にその権利を戻すこと

です。

これは、誰かを喜ばせるためでは

なく、あなた自身を喜ばせるため

のエクササイズです。



1つ、質問ですが、

あなたは、「喜び」ということに 対して罪悪感のようなものを

感じますか?

本当はしてみたいけど、

したら罪悪感を感じるかもしれ

ないことってどんなことでしょうか?

昼寝をしたり

電話を無視したり

ジムに行くのをサボったり

チョコレートを食べることですか? あなたが感じるその罪悪感、 本当に必要ですか??

あなたが、心からやりたいと

思うことをやってみるのに、

罪悪感を感じる必要は、

全くありません♪

「ワルいこと」を あなたの人生に取り込んで、 自分自身を喜ばせてあげましょう!



頑張ることって、

素晴らしいことなんですが、

キリがないんですよね。

特に頑張り屋さんタイプは 「もっとやらなきゃ!」 「まだ足りない!」 こんな風に考えがち。

(私もこのタイプです笑)


でも、きちんと自分の頑張りを

認めてあげることは大事です。

よく言うコップの中のお水の話

と一緒で、

まだお水が半分もある!なのか、 もうお水が半分しかない・・なのか・・

全く違う感情が生まれてきますよね!

でも、

これも単なる考え方のクセの問題。


そんなマイナス思考的なクセを

変えていきたいと思うなら、


ぜひ、こちらのメルマガを

読んでみてくださいね!





コンプレックスやネガティブ思考があっても

たった90日で

幸せ体質に変わっていく

5つのシンプル習慣

今なら!

あなたの幸せ体質をランクアップさせる4つの特典を

無料でプレゼント中!

↓バナーをクリック♪

#頑張り屋 #枠を広げる #完璧 #良い #自分を喜ばせる

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now