ホリスティックな視点で変わること・・わたしのストーリー

更新日:2021年3月17日






あけましておめでとうございます!




年末年始、少しゆっくりと過ごされているでしょうか。



普段会えない方達と、


美味しいものを囲んでらっしゃる人も


多いのではと思います。




わたしも実家で、


いつものお正月を過ごさせていただいています!






今年も、ホリスティックな視点で


食・美容・マインド・心の栄養など



健康としあわせ作りに役立つ内容で


このブログをお届けしたいと思います!




どうぞよろしくお願いいたします。







わたしがホリスティック栄養学に出会ったのは、



2017年の年末が押し迫ったある日。





当時のわたしは、



仕事も不満足で人間関係も悩みが多く


食事に関しては超ストイック。





添加物や農薬がとにかく気になっていて



「食べちゃダメなリスト」が


どんどん増え続けていました。





また、知識が増えるほど、​



ある食べ物について


健康に良いという情報もあれば、


真逆の情報もあり、



何を指針にしていけばいいのかわからない状態でした。





ある日、仕事を終えて


家で何気なく見ていたFacebookで、



初めて「ホリスティック栄養学」という言葉を目にします。




食べることが怖く感じるなんて、


ちょっと病的だな・・という思いもあり



きちんと栄養学を勉強したらいいのかも、という気持ちもありました。




が、それ以上に



「これを学んだら、何かが変わりそうな気がする!」という直感が働きました。




年末のバタバタした中、


統合栄養学校の申し込み手続きをして



1月スタートコースに入学したことは、


人生の「良い決断」の中でもトップ5に入ります。