ネガティブで過食しがちになります。気をつけて!

最終更新: 2018年9月12日


ここ数日、過食しがちで、ふと気づくと何やらネガティブなことを考えているし…


こうなる原因は、1つしかありません。



それは、「寝不足」です。


どうして睡眠が不足すると、ネガティブで過食になるのか、

それはホルモンバランスや、血中物質バランスのの影響などがあげられますが、


私たちの


・パフォーマンス

・記憶

・外見

・免疫


など、その他諸々を改善してくれるのが「睡眠」です。



毎晩10時に就寝して8時間睡眠を2週間続けた後の、

お肌の違いは目を見張るほど‥らしいですよ(まだ実行したことがないのですが‥笑)



ここ数日、なんだかやることが盛りだくさんで、寝る時間が遅くなったり、

就寝時間ギリギリまで、PCやスマホを使ったりしていました。


そして気づけば、ぽりぽりと柿の種を食べたりして間食が多くなり、

なんだかマイナスのことばかり考えてしまったり、

TVを遅くまでだらだらとみてみたり‥ と、不調な日々を送るハメに・・・



改めて「睡眠」の恐るべきパワーを実感しました!



睡眠は、その習慣を整えることで、他の習慣を変えやすくすることもできます。

いわゆる、キーストーンハビット。

他の習慣に影響を与える要、カギになる習慣ということですね。



また「不眠」が大きな問題になっている現代ですが

(アメリカでは大人の70%以上が不眠⁈というデータも)

その原因の一つが「光」です。



屋内で1日の大半を過ごすことで、

自然光と比べるとクオリティの低い光を浴び続けているのが不眠の一つの原因とか。




少し日差しも緩んできたことですし(北海道だけでしょうか?)

日焼けを気にせず過ごしてみるのもいいかもしれませんね♪








#不眠 #寝不足 #睡眠時間 #過食 #食べ過ぎ #ネガティブ #見た目 #免疫 #外見 #記憶 #パフォーマンス #自然光 #ホルモンバランス #ホリスティック #happiness

23回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now